軽井沢おもちゃ王国

2017/08/20 Sun 01:01



雨ばっかりで、曇りでも遊べる軽井沢おもちゃ王国へやって来ました。

元々は、わたらせ渓谷のトロッコ列車に乗る予定で宿予約もしていたのですが、雨のなかトロッコに乗ってもつまらんなーということで予定はキャンセル。
日帰りにしたので、あんちゃんはおうちでお留守番。



今年も三菱のアウトランダーの試乗予約をしており、手続きや忘れ物やらで出発が遅れてしまいました。

それと、軽井沢は何度か行っているのに片道3時間もかかってしまいました。
軽井沢は、インターを降りてからこんなに山道が続いてたんだなと改めて知りました。
急カーブが続き、しかも途中は大雨で(毎回雨に見舞われる)渋滞も多少あったけど、なーんとも長い道のりに感じました。





閉園時間は17時ととても早いので、滞在時間はわずか2時間(ToT)

次は泊まりで来よう。
わんわんヴィレッジという犬宿泊OKのコテージも敷地内にあるし、預りもOK。


おもちゃ王国はアトラクションも0歳から乗れるものが多くて、観覧車は待ち時間なし、このパーシーも5分くらいで乗れました。

ゴーカートなど人気のものは行列が出来ていたけど、全然許容範囲。
それに浅間山の森の中にあるので、とても涼しく避暑にぴったり。

一番の売りはおもちゃ!
屋内のおもちゃが11館あり、トミカプラレール、リカちゃん、シルバニア、アンパンマンなどとっても広いし、最初は支援センターのおもちゃで満足してるしなぁと半分疑問もあったけど、レベルが違う!(当たり前?)
おもちゃルームは入園料だけで遊ぶのは無料です。
今日は時間がなくて木のおもちゃコーナーでしか遊べなかったので、今度は泊まりで思う存分遊ばせてあげたいです。

1歳なりたてのちゃんも、楽しそうに遊んでいました。





帰りは、敷地内のグリーンプラザ軽井沢ホテルの日帰り温泉へ。
おもちゃ王国帰りの人でごった返していました。
子連れにはとても優しい宿で、ベビーバス、チェアがたくさん置いてありました。

学生バイトだろうけど、スタッフも感じが良かった。
今回は時間が少なすぎて今回は消化不良。

また必ず来るぞー!
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(0)

かわいい寝姿

2017/08/18 Fri 00:49




こんな顔。

未分類 | コメント:(0)


ずっと気になっていた森林公園へ!

関東は雨続きで、あんちゃんも外に出られなかったので思いきり体を動かせるところと思って、曇天の中やってきました。

目指すはぽんぽこマウンテンという日本一大きなエアトランポリンです。

とても大きくて、子供はもちろん大人も楽しめます。
子供の広場は犬はNGらしいですが、このエリアはOK。
一番近い南口、中央口からは徒歩20分(*_*)
森の中を歩くのは気持ち良いはずが、雨上がりなのでジメジメ蒸し暑かったです。
春の新緑の頃がベストかなぁ。



あんころも、良い運動になりました。
トランポリンが16時半まで。
閉園が17時で帰りは舗装された山道を登って下ってで、時間に追われながら帰りました。




ものすごい汗をかいたので、帰りは近くの温泉、花和楽の湯に寄って帰ることにしました。
子供の着替えは多めに持ってきたけど、大人は何もないので、ベイシアで下着とパジャマを購入。

トランクには常時、家族全員分の着替えとタオルを入れててもいいな。
未分類 | コメント:(0)

帰還

2017/08/13 Sun 23:30



先週、13日間の帰省から自宅に戻りました。

帰りは、急遽ばーばが新幹線の長旅に着いてきてくれることになりました。
一人で気合い入れて自宅まで子供二人を連れて帰ろうと思っていたのですが、大人一人いてくれると、とても楽でした。


そして、中休み1日おいて、兄ちゃんは父ちゃんと2泊3日のディズニーです。
父方のじじばば&年の離れた従兄一家と合流しています。

毎日のように熱中症危険情報が出ていた7月。
気が気じゃなかったんですがね。



***

久しぶりに自宅に戻り、あんちゃんの静かなことに驚きました。
あんちゃんは静かでいいなー!

兄ちゃんがうるさいのはもちろん、ちゃんはとりあえず叫ぶ&すぐ泣く、で喧しいのが日常だったので、あんちゃんの静けさに少し驚きました。

存在感がないとも言う(汗)




あんちゃん、帰省中は朝晩2食、しっかりごはんを食べていたとのこと。
ところが、戻ってからはそうでもない。

子供二人のごはんのおこぼれを食べるとダメなんだな。




***


帰省中、案の定、散歩には連れていってもらえなかったようです。

散歩に行かなかったこと、特に非難はしませんでした。
言ったところでどうしようもないから。

また来年の夏もこんな可哀想な思いはさせたくないので、帰省する前に「絶対に散歩に行け」と40を過ぎた男に口酸っぱく言っておこうと思います。

なさけねぇ
未分類 | コメント:(0)

夫婦いろいろ

2017/08/06 Sun 23:57

だらだらと取り留めのない話。


先日、従姉のおうちへお邪魔したのですが、そこは国宝のお寺近くの閑静な住宅街で、しかも注文住宅。

玄関を入ると中庭が見えて、窓の大きい広々としたリビング。
お庭にはもみじが3本と他にも和な雰囲気の素敵なお庭で見ているだけでもウットリ。
収納もたくさんあって、2,600万の建売のわが家との差を感じずにはいられませんでしたね。

生活感はあるんだけど、ないようなきれいなおうち。
はー素敵。


と、惚れ惚れしましたが、相応なお値段で、莫大なローンを抱えているわけで。
キャッシュで買えるほどのセレブでもなく。
旦那さんが払っても減らない、と嘆いていました。




もうじきうちはローン完済。
(主人の実家の多大なる援助とうちの実家の貴重な援助と私の全財産を擲った勇気と主人の毎日の勤労のおかげ)

やっぱり何より借金ゼロのストレスフリーな生活には替えられんなと。
庭は見るより遊ぶためのものじゃないか。
壁にポスターや地図を適当にぺたぺた張って統一感なくても、子どもが興味を持ってるなら良いじゃないか。



と考え直し、羨ましがるのをやめました。
よそはよそ。
うちはうち。





うちの肝っ玉母ちゃんぶりが、良い効果を生み出したと思うことの1つ。

兄ちゃんは教えてもないのに箸の使い方がとても上手。
それは元々の本人の器用さもあるけど、1歳前からどれだけ汚れてもいいから好きなようにごはんを手掴みで食べさせていたから。
指先の感覚が鍛えられて、結果指を使う箸も早い時期に苦労なく習得できたのではないかと。

保育園だと後片付けが大変だから、先生がスプーンで子供に食べさせるところが多い。
私の知り合いで保育園に行ってる同年代の子は、ほぼ箸が使えない。(データ数わずか)

ワーママから叩かれて炎上しそうですが、保育園批判ではなく、乳児期の手掴み食いを汚れる、汚ない、きれいに食べなさい、と言うのは大間違いだということ。

毎日3食の実家暮らしだと肩身が狭いです。
子供本人は自分で食べたがるけど、露骨に母が嫌がってるのでもう滞在の限界を感じます。


限界と言えば、兄ちゃんが「おうちに帰りたい」と泣き出しました。
去年の約4ヶ月に渡る里帰り出産のときは、そんなことはなかったのですが(おしゃべりもまだ出来なかった)、やっぱり父ちゃんに会いたがっています。

はとこのお姉ちゃんと遊んだのもとっても楽しくて帰りたくなかったのと、久しぶりに「お父さん」と遊んでもらって、父ちゃんが恋しくなり完全にホームシックになってしまったのです。




次の帰省からは、滞在日数をもう少し短縮しようと思いました。
たっかい交通費払ってるから、短すぎるのももったいないのでよく検討します。



父ちゃんが恋しくて泣く兄ちゃん。
片や、父親とは完全別居で半年以上会わせてもらっていない、もはや父親を認識できていない同い年の女の子。

なんだかね~。
脱サラした男と結婚しといて給料が少ないから別居ってどうなの。
子供に実の父親を「おじさん」って教え込むってどうなの。



別の夫婦。
育児に慣れていない新米パパが土日必ずテニスってどうなの。
山越え車通勤1時間弱の母親が行きも帰りも保育園の送り迎え(予定)ってどうなの。
一人で抱え込みすぎてる妻に任せきりの夫ってどうなの。

義理の弟にあたるんですがね。
年は上ですが。

そういえば最初の日曜の無料の家族写真撮影会にも、このお父さんは来なかったね。
写メでもお父さんの姿を見たことがない。







ノロけているわけではなく、父ちゃんが父親で良かったと思います。
求めすぎてはいけないんだなとも思いました。
もう十分じゃないかと。

車の購入にだけ目を光らせております。
未分類 | コメント:(0)

SLやまぐち号乗車

2017/08/05 Sat 22:44



兄ちゃん念願のSLやまぐち号に乗車してきました!

私自身も初めてです。
山口に住んでいるときは、小さい頃も含めて乗ろうという発想自体なかったね。

駅員さんに「入線するのは何時ですか?」と聞きながら、私もずいぶんマニアになってきたなと思いました。








新山口から津和野まで。

行きはこの展望デッキのある1号車にしました。
どの号車でも展望デッキには行けますが、近いほうが幼児連れには楽チン。
展望デッキ手前には誰でも座れる冷房のよくきいた3人かけソファが4つあり、豪華な雰囲気でした。


また、SLから一番離れた客車になるので、煙が少しは分散されていたかも。

記念スタンプは、1号車と2号車の間にあります。

置かれていた写真付ポストカードにスタンプしました。
乗車記念券という本のしおりのようなものは全員に配られました。


楽しみにしていた駅弁は車内販売は新山口駅で売っていたものと同じ。
途中駅でSL限定なのか弁当販売があったみたいだけど、乗っている席からは全然分からなくて新山口で買ったものを食べました。

津和野到着が13時前なので到着してから食べるのもあり。

行きは登りが多くて、SLも重たい客車を引くのが大変でペースダウンしてしまいます。
それでも、写真を撮ったり、展望席に行ったり、他の号車のレトロ感を味わったりで、あっという間に到着です。


到着後はすぐに改札を出たりはしません。
客車との切り離しをしたSLが転車台を回り、機関庫に戻るのを確認してから駅を出ました。

転車台の位置は、カメラをたくさん抱えたお兄さんに聞きました。
今から行くと間に合わないからここ(駅)で見たほうが良いとの的確なアドバイスも。







小京都 津和野でひと休み。
鯉にえさをやりました。

2時間ほどの待ち時間も、機関庫入りを見て、喫茶店でかき氷を食べ、散策をしているとあっという間に過ぎました。
車内は一応冷房がきいていますが、外はとても暑かったです。
日陰を歩いても暑い。
子供を抱っこするので余計に暑い。

かといって、狭いSLにベビーカー持ち込んでも置き場所があるか定かではないのでオススメしません。




帰りは下りが多く颯爽と走ります。
山と田んぼの風景が続きます。




帰りは豪華な座席の欧風車両の2号車にしました。

帰りはSLの後ろが展望席の1号車からとなったので、煙がもろに展望デッキにくるので常時外には出られませんでした。

展望席に乗るのは行きじゃないと意味ありません。
たまたま行きを展望席にしたのは正解でした。



新山口から最寄り駅までは、黄色い電車で。
新山口駅周辺は駐車料金がかかるので、地元駅近くに車を止めました。

もう兄ちゃんとちゃんは、帰路に寝落ちて朝まで寝続けました。

暑くてとても疲れました。



3歳の兄ちゃん、良い思い出作りができたでしょうか。
力強い走りを体感できて、満足のはず。



今度は走る姿を見るのも良いかな~

この9月からは新型車両に変わるので、また乗ってみるかー
未分類 | コメント:(0)

初めての美容室

2017/08/02 Wed 23:09



兄ちゃんは誰に似たのか、くせ毛です。
伸びるとカール感が強くなり、いつもはお風呂で適当にジョキジョキやってますが、今回は3歳にもなったし美容室に連れていきました。

この嫌そうな顔。
嫌だけど逃げられないから兄ちゃん、耐えて頑張りました。




放心状態の兄ちゃん。


家だとここまでスッキリできないので、夏らしく仕上げてもらえて良かったです。





ちゃんも前髪カットしてもらいました。
ほんとは、ピンで留めておでこをすっきり出したいんだけど、すぐ取っちゃって目に前髪がかかるから思いきって短くしました。
眉毛の上らへんまでのオーダーはこうなりました。

疲れてスーパーで爆睡。




これはこれで可愛いけど、やっぱりでこ出しスタイルがたまらなかったので、また伸びるのを待ってヘアアレンジを楽しみたいと思います。

けど、私、三つ編みすらまともにできませーん!たぶん。
いざとなったらYouTube先生にお願いしよう。
未分類 | コメント:(0)

SLやまぐち号重連運転

2017/08/01 Tue 22:42



C57号機とC56号機が連結されて走る重連運転の日。

夏休み、毎週土日にSLは走りますが、重連運転の今日は全国からマニアが集まってきました。
パトカーまで見まわりに来るほど。
田んぼが広がる畦道にも三脚を立てた人たちでいっぱいでした。




地福駅という車で1時間以上かかるところまで来ましたが、兄ちゃんは寝ることなく到着しました。





この地福駅は停車時間が15分あり、石炭を分けてくれます。
図書館で借りたDVD「SLグラフィティ」で予習済み!





出発の汽笛。
煙もにおいもすごいけど、爆音がすさまじく私は兄ちゃん、ばーばはちゃんの耳を塞ぎます。





後ろのC56号機。
近すぎると重連感がいまひとつですが、遠くで一瞬で走り去るのを見るより、間近で見られる方をとりました。




また、地元の奥様方が冷やしたミニトマトや、かき氷などを乗客と見物客に振る舞って下さいました。
とてもあたたかいおもてなしでした。



日曜は雨なので、土曜日に乗車します!
(雨対策に土日のチケット両方押さえといた)
未分類 | コメント:(0)

帰省

2017/08/01 Tue 04:08


トコトコ歩き回るちゃんの笑顔が可愛すぎてたまりません。




関東は雨が続いているようで何より。
庭のお花が枯れないことを願う…



今季は毎月の失業認定があり、帰省期間が13日ほど。
まぁ十分なんですが。


従妹とも初のご対面。
一般的にはまだ人見知りしない月齢なのですが、個人差の大きい赤ちゃん。
下唇を出して泣き出してしまいました。
きっと頭が良いんだな。

お母さんと一番似たおばちゃんなので、早く慣れてくれるといいな。
泣くのが目に見えているのでまだ抱っこできていません。
戻るまでには抱っこしたいです。









帰省日の朝、夫が意を決したように車雑誌を開いて徐に話し始めました。
私はもう展開が見えていたので笑いを押さえるのに必死。
部品が完全に揃っていて460万だとか。
思ったより高額でしたが、彼にはそれ以上の価値があると信じているので仕方ない。

が、子どもが将来留学したいと言うかもしれないし、有名私立大なら行かせてあげたいし、関西や北海道の大学だって行きたいなら行かせてあげたい。二人とも。
学資保険だけじゃ賄いきれません。

旅行にだっていろいろ連れていってあげたい。

460万の車で高速を走らなくて全然良い。


「財源はどこにあるの」

で終了~

チーン




はっきり「買いたい」とは言わなかったので、「見てくれば?」と返せば良かったですかね。
語彙力、会話力をつけたいね。



私はルノーのカングーに将来乗りたいのですが、やっぱり個性的な国産車を発掘したいです。
収入があるときですら維持費がかかるからと言って輸入車は諦めていたので、到底ムリ。

車購入=仕事復帰ですが、子供の長期休暇を考えれば、給食のおばさんしか選択肢がない気がします。
高倍率だろうなー

新卒は勢い、再就職はやっぱり資格があると有利。
未分類 | コメント:(0)

花火に立ち向かう

2017/07/29 Sat 00:25



明日から父ちゃんとあんちゃんを残して山口へ新幹線で帰省です。
約1年ぶり。



そこで、今夜は庭で花火をしました。

あんちゃん、炎に立ち向かい闘争心メラメラ。

ちゃんは、終わった花火を捨てるバケツの水がお気に入りでパシャパシャ水遊び。
全然花火には興味を示しませんでした。







兄ちゃんは、父ちゃんがいつもより早く帰ってきたので大興奮。
最近は、
「○ーたん、かいしゃ行きたかったー。とうちゃんに会いたい」

「ぐええーーん」と泣き出すほど。


ものすごいマザコンだけど、父ちゃんも大好き。



特に朝、泣き言が多くて、子供たちが寝ている隙にあんちゃんの散歩に行って帰ってくると、
「あんちゃんのさんぽ行きたかったーぐええーーん」
となる。
今は日中公園に一緒に行くこともできないので、狭い家の中でリードをつけられ引っ張り回されてしまうんだな。
ガルルル言いながら、互角に戦うふたり。
活発なこの時期、精神年齢が一緒で良かったよ。
未分類 | コメント:(0)
 | ホーム | Next »