スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

息子の言葉 2歳1ヶ月

2016/06/30 Thu 22:57


23時過ぎのハイテンション坊や

2語文(わんわん きた)を話しますか?と母子手帳には質問があります。

余裕の「いいえ」です。


言葉の遅い子は人の話をよく聞くことができる、と2児を育てたばばが言っていて、なるほどなと思いました。

確かに息子は大人の言葉をよく分かっているので全然気にしていません。

玄関にディーラーの営業の人が来たときは、ほとんど相手の姿が見えなかったのに、お店でもらった車をわざわざ選んで玄関に駆け出して持って行ったのにはビックリしました。
声も覚えていたのかな?




今話せる言葉

「ママ」
「ばば」
「じじ」
「あん」
「パパ」久しく聞いていない

妹の名前は、3文字でハイレベルなのでたくさん遊んでもらっているけど、まだ呼べません。

「まま」バナナ
「どーぞ」
「なーい・ない」
「おもーい」重い
「ばぁ」TV番組いないいないばぁ
「いないいない…ばぁ」言いながら一人遊びする
「ぱっ」パン
「ぱっ」ちっち、うんPが出たときにオムツを叩いて言うことば
「あーあ」落胆の意
「ぎゅうにゅう」牛乳
「ぶー」お茶
「こぇ」これ
「ぺっぱーい」かんぱい
「くっく」靴、靴下
「づっぱーつ」出発
「ぽっぽー」電車・機関車、絵本の真似
「…たぁ」読み聞かせ絵本の文末の真似
「うめ」美味い(親は言った記憶なし)
「ぃで」痛い
「あつっ」熱い
「ふーふー」熱いものを冷ますとき
「ひやっ」冷たい
「いぐ」行く
「いご」行こう
「ばいばーい」
「わんわん」
「にゃんにゃん」
「きっき」鳥。テレビできつつきを説明したことがあったからか、どの鳥でもきっきーになっている
「こっこ」あんちゃんのうんP
「ちっち」おしっこ
「ひゅーん」車で遊ぶときの効果音
「ちょーちょ」ちょうちょ
「よーぃ どーん」



まだこんなもん。
帰省してかなりことばの数は増えました。



「うわぁ ー!」と感嘆の言葉がとても多くて、日々感動的なようでいいんじゃないでしょうかね。
スポンサーサイト
子育ていろいろ | コメント:(0)

貧血と鼻づまり

2016/06/30 Thu 22:23

38週0日の健診。

先週の血液検査でちょっと貧血気味だったようで、鉄剤を処方されました。
埼玉でも1ヶ月飲んでいたし、もう毎度のことになってしまった。

ここではビタミン剤も一緒に処方されていて、説明にはシミの改善と書いてある。
私の肌を見て出してくれたんですか?!と先生に言ったらそんなこたぁないって。
受付のお姉さんまで、私も飲みたいって言ってきたよ。



臨月で鉄剤は初めてで、なんだか胃がムカムカ、軽い吐き気もする。
今まではこんなことなかったのに、体調が悪いことも影響してるのか、時期的なものなのか。





西日本は雨続きで、蒸し暑さと涼しいのが入れ替わり立ち替わりで、日曜日から風邪気味なのです。
妊娠中は赤ちゃんという異物を受け入れるため免疫力が下がっているので治りも遅いです。
鼻づまりもひどくて、これじゃまともに呼吸できない。
完治してから出産に臨みたいです。


予定日は14日だけど、満月が20日だから今回は遅れるかな?
けど、お腹のなかで大きくなったらそれはそれで産むのが大変そう。
それなら父ちゃんの立ち会いが間に合うかもしれないね。
けど、半日近くも苦しむのも嫌だな。

どうなることやら。




名前は、だいぶ候補が絞りこまれてきて、精神的に少し楽になりました。





息子は昨日寝たのが24時近く。
今日はやたらと機嫌が悪くて、ギャーギャーと泣き止まない。
鼻水も垂れてきた。
なんだか親子で調子が悪い。


一人目のときも、後期に入って体調を崩していました。
当時は体重管理のための軽い食事制限が主な原因(推測)。

今回は季節的なものかな。
あとは、もう高齢出産になるので、慢性的な体力低下。



あ、陣痛アプリのインストールも忘れずにしよう。
マタニティ(第2子) | コメント:(0)

出産準備

2016/06/26 Sun 05:04

テニス好きの旦那をもつ妹にテニスボール1つちょうだい、と頼むと、あんちゃんには大きいかも?と言われました。

私の陣痛用のテニスボールですよ!



37週に入ってから、急に股関節の痛みがあったりなかったり、夜中は授乳に備えてなのか眠れなくなっなり、子宮がいよいよパンパンなのか便秘がちになったり、体調の変化が見られるようになりました。
けど、お腹の張りはないし、まだまだな感じ。





二人目は気持ちに余裕あるものの、夫の立ち会いはこの距離でまあ無理、かといって実母立ち会いもなんか嫌だし、一人で出産に臨みます。

上の子のお世話もあるし、産後2時間は分娩室から出られないのですぐには病院にも来なくていいよ、と言っています。

この産院ではカンガルーケアはやっておらず、産後すぐに健康な子でも保育器に2時間入れて様子を確認するとのこと。
産まれてすぐ母親の裸の胸の上に赤ちゃんを抱っこするというものですが、事故も起きているので賛否両論あり先生の考え方次第。
個人病院だし、全然異論なし。





痛み苦しむママの姿を見ると、きっと情緒不安定になるので夜中や明け方に陣痛が来て、そーっとタクシーで一人入院となるのが理想です。
荷物が少なくて済むのはやっぱりありがたい。





7月2週は、出産予定が多いらしい。
1つしかない分娩室がいっぱいなら、隣の保育器付きの小さい部屋で産むことになるみたい。

一人目は1日で8人も生まれた超出産ラッシュでした。
あんまり、ラッシュにかぶりませんように。
マタニティ(第2子) | コメント:(0)


帰省してから、いくつかの子育て広場に行っています。

徒歩で行けるシルバー人材センター主催の子育てサロン、保育園、幼稚園に、駅前の土日も開いている広場。
屋内の運動施設などなど。
予約不要、ほとんど無料でふらっと立ち寄れます。
距離のあるところはばばの送迎付きです。⬅ふらっと行ける一番の理由。



埼玉でのイベントは大半が予約制で、入口もインターホンで開くセキュリティ対策バッチリなところばかりです。
気軽さはあまりないね、まだまだ知らないことも多いんだろうけど。



改めてHP調べてみても、やっぱり今いる地元よりは全然少ない。
子育てサロンは市内で2ヶ所、月1回程度、1か月前からの予約制&定員制。

天気分からんし、子どもの体調や機嫌も分からんし、全然気楽さのない「サロン」
とりあえず予約しとけばいいんだろうけど、ちょっと遊びに行くって感じではないね。
お出かけランチでも、グループで行かない限り予約なんて滅多にしないでしょ、それと同じ。


人口が倍以上はいるけど、埼玉は子育て支援サービスが全然ダメだなと比較して初めて分かりました。
保育所の新設に手一杯な感じ。

といっても、地元はシルバー人材センターでお年寄りをうまいこと活用しているだけ。
うちの近所のなんて、ちゃちなプレハブ小屋だけど、中の遊具やおもちゃはたくさんあって、何よりシルバーの元保育士の先生がとても親切でとてもアットホームな雰囲気で、上の子&赤ちゃん連れの人もたくさん来ています。
赤ちゃんが寝てもベビーベッドがあるので安心です。
おもちゃも、利用者から自然と持ち寄りされていたり、団体からの寄贈もたくさんあります。お金かかっていません。
手作りのものもたくさんあります。

埼玉にもあるにはあるけどね。



自宅に帰ってから、2歳児と新生児をどうやって遊ばせたらいいのかなぁと悩む。
自転車も1年以上は乗れなくなります。
下の子を抱っこやおんぶのノーヘルで移動するのは避けたい。

車もないし、あったところで空気の悪い児童館くらいか。。

車ねー、あれば便利なんだけどね。
購入費、ガソリン、洗車、保険、車検、税金。
維持費を考えるとタクシーのほうが断然お得なので、まだ買わないだろうな。


実家で使わなくなった軽をもらっても良かったんだけど、サンドイッチ事故現場で真ん中の悲惨な軽を目撃したり、安全性を考えるとやっぱり2台目でもコンパクトカー以上に乗りたい。
家族の半分以上が事故経験者となったこともあり、余計に。
気を付けていても、被害者加害者どちらにもなり得るからね。




近くの公園散歩をメインに遊ぶんだろうな。

暴れる2歳児、抱っこかベビーカーの赤ちゃん。それにリードをつけた犬・・・

2歳児にもリュック型リードをつけるのもありだけど、多頭飼い散歩よりはるかに難しいこと間違いなし。
自分も含めてみんなが危険すぎる。
想像してもすごい画だ…

早朝散歩には毎日行けるように早起き頑張ろう。
子育ていろいろ | コメント:(0)

妊娠記録(初期~9ヶ月)

2016/06/24 Fri 23:10

二人目妊娠記録。

■2015年11月15日(日)

妊娠検査薬、陽性。
どうも、私は妊娠しやすい体質のよう。
初診は心拍確認ができる来月頭に行こう。
(心拍確認できないと市からの補助券がもらえず保険の効かない全額自己負担のため)




■11月21日(土) 6週相当

やはり産婦人科へ行くことに。
万一子宮外妊娠だった場合、12月=妊娠3ヶ月=8週だと卵管が破裂する恐れもあるからケチらずに診てもらうことにした。
今までは歩いても行ける距離だったのが、引っ越してから駅までチャリ、2駅電車で、そこから徒歩10分。
通院は息子を見てもらえる土曜のみ。
激混みです。



診察の結果、胎のう(袋)の確認ができた。
心拍はまだで、これから赤ちゃんが出てくる状態。
順調ですよ、となじみの院長先生に言ってもらえる。

初診の問診票で、どこで産むか未定と書いたら、次回2週間後までに決めてほしいとのこと。
今は心拍確認できたら分娩予約を取れるようになって、すぐいっぱいになるらしい。
そんなだからとりあえず予約は不可。



それと前回の教訓を生かし、問診票の自己申告体重を55㎏と書いた。
(後に53kgに訂正)

普段52~3㎏なのに、前回はどうでもいい見栄で50㎏と書いちゃったもんだから、後の体重管理がとても苦しく助産師さんの体重指導は実にストレスだったので、逆サバで多めに書いた。

これなら60㎏少し超えても文句を言われることはないだろう。



診察代、1万円なり~(-.-)





■12月5日(土) 8週
心拍確認できた。
袋の中に赤ちゃんの形が確認できる。
この瞬間はやっぱり嬉しいしひと安心。

里帰り出産のこと、転院先に問合せすると20週までに事前検査に来るよう言われたことを話す。

すると院長、
「厳しいこと言うところだね~。飛行機に何度も乗るのはリスクだからその20週の検査を受けてそのまま転院先に通った方が安心。実際産むところで長く診た方が良い」
だと。

20週って、妊娠6ヶ月になったばかり。
約半年も里帰りすることになるので、あまり現実的ではない。


■4月2日(土) 25週 7ヶ月2週目
「多分女の子だね」と院長先生より。

おーーーーーーー

一番気になっていた性別。
性別が分かってやっと実感が湧く。(遅い)

お金かかるな、良い話し相手になるかな、兄妹って仲良しかな、いろいろな感情が溢れる。
どっちにしても、多分いろいろ思うところはあるはず。



■4月23日(土) 28週 8ヶ月1週目
9時半からの助産師外来。
5分前に到着するも、検査用トイレ待ちで20分列に並ぶ。
で、このところの自覚している過食で尿糖が出た。
体重も3週間で3kg増。

こりゃいかん、お菓子やめよう、量減らそう。

それでも、妊娠前体重から見るとまぁ許容範囲だからと体重は注意されず。
助産師さんによって、厳しさが全然違う。

朝早い検診で朝食も8時半におにぎり食べたから糖は出たんだとも思う。
食事時間には気を付けよう。




----------以下その他いろいろ-----------------------

■つわり

2~3ヶ月頃、つわりピーク。
胃液を吐く、吐けなくても尿もれという産後特有のトラブルが続く。
おりものシートではなく、普通のナプキンを使う。もう、ババアですわ。

お腹の調子も初期の頃は、すこぶる悪かった。
下痢続きで外出もままならない。
後に、何をやっても効果のない便秘期に突入。
ひどいときは処方されたマグネシウムの薬を飲んで改善。

それと、やたらと唾、よだれが出る。

一人目よりも重い症状。
けど、ノロと比べればへでもなかったなと今は思う。
吐いた回数も片手で足りるくらい、重いと言いつつ、全然軽いタイプ。





■病院選び

総合病院か、個人病院か?
相当もめた、親と。

最初はまずい食事が嫌だという理由で総合病院が嫌だったけど、事前検診の話を聞いてからは嫌というレベルではなく、私は里帰りでは無理だと判断したのです。
個人病院なら34週までに来て下さいというもの。


親は過去の実体験からも個人病院への不信感が強すぎるのはまぁ仕方ない。
頭を冷やして考えろとか言われて、はぁ?とブチ切れ寸前やったけど、妊娠は病気ではないのと、何度も飛行機に乗せる事前検診が半強制的であることがどうしても私には受け入れられず個人病院を選択。
むしろ、それしか選択肢がないことをLINEで延々と綴る。


総合病院
○親が安心
○万一の時、転院せずすぐ処置できる
○NICUがある
○経産婦は院内助産院の利用が可能

△食事がまずい
△大きな病院なので研修医にあたる可能性あり


×20週までの強制的な事前検診
×電話したときの事務、助産師の感じが非常に悪い。電話の取り次ぎでは名前を間違えられ、医療現場でそんな間違いがあれば何が起きるか…
「タカハシさんですか?」
って、全然違いすぎる。



この×項目は、私にはあり得ないのでこれで良かったと思っています。


■上の子のお世話

妊娠中に重いものを持つのはダメ、ということはもちろん知っているけど、子どもが歩かなければ抱っこするしかない。
プラレールから離れず暴れるとか。
仕事を辞めても全然楽ではない。むしろ、コントロールのしようがなくて非常に疲れる。

歩き始めるようになってからは、足腰を鍛えるためにあえてベビーカーは使わないようにしていたので(家のはとっくに片付けている)、今さら散歩をベビーカーに乗せてというのも無理。

そのため、あんちゃんと息子と私の3人+ワンコでの電動チャリ散歩を決行したものの、あんちゃん落下事故もあり、ちゃりんこ散歩は諦める。
その後、後ろかごのチャックを完全に締めて出掛けられるようにはなったけどね。


ちょっと距離のある大きめの公園にはなかなか行けなくなりました。
代わりに、近くの小さな公園に行くことが増えたものの、誰もいないことが多い。
子ども、いっぱいいる地域のはずなんだけどな。
だれもいないときは、あんちゃんはリリースされるのでとっても良い運動になりました。

息子のだだだだ!と抱っこの要求が増えてきています。
赤ちゃん返りでしょう。

お風呂上がりにママのお腹に耳を当てたり触ったりするので、お腹に赤ちゃんがいるのは何となく本人も理解している気がする。




■マタニティマーク

仕事を辞めて電車通勤がなくなったので、あまり使うことはなかったです。
たまに電車やバスに乗るとき、つけてたくらい。

今回工夫したのは、散歩バッグにつけるマタニティマーク。
財布も持たずに犬と二人でもし倒れたら大変だから、散歩バッグにはずっとつけていました。
市からもらうもの、JRでもらったもの、付録などマークはたくさん持っていました。

このマークの目的は、万一の際にすぐに妊婦であることを気づいてもらえること。
であれば、今は何週なのか、どこに通院しているのか、歳はいくつか、などの情報が必要です。
もっと言えば、既往症がないかなども。

ただ単に私妊婦です、のマークをつけるだけではちょっと不十分。
母子手帳も携帯するのがベストです。

が、母子手帳のような大事なものを携帯するのも臨月にもならない限り面倒なので、マークの裏に氏名(カタカナ)、年齢、出産予定日、通院先、診察券番号、夫の連絡先を油性ペンで書きました。

我ながら画期的!と思ってしまった。
この使い方、悪くないと思う。
(自画自賛)

血液型も書けば良かったな。



嫌がらせには一人目も二人目の今もあったことはありませんが、電車に乗ってもスマホ見てばかりで周りが見えていないからね、今回の帰省でも東京駅まで立ちっぱなしでした。

ラッシュを外す、空いている端の車両に乗る、などの対策をとっても無駄に終わることが多い首都圏路線。
疲れたらしゃがむなどして自己防衛するしかないです。


嫌がらせではないけど、GWのお出かけ先でペット連れで連絡バスに乗せてもらえずに不意打ちに炎天下長時間歩かされたことはあったな。
分岐に案内板ないとかもう最悪。

マタニティマークをつけていないと、妊婦と見なされないのか?こんなお腹なのに歩かせるのか?とも思いました。

スマホ検索でサイトを見ると情報が圧倒的に少ないところがまだまだ多いです。
妊娠、ペット、子連れ、などちょっと特殊なときは、パソコン用画面のサイトで事細かく確認したほうが良い。

芝桜の羊山公園では、妊婦であることを伝えると離れた臨時駐車場ではなく、会場のすぐ近くの駐車場まで快く通してくれました。

健康妊婦でも、無理は禁物。
マタニティ(第2子) | コメント:(0)

べちゃべちゃ攻撃

2016/06/23 Thu 22:41



べちゃーっと、ぶちゅーっとしてきます。

あんちゃんの真似でしょうか。
マタニティ(第2子) | コメント:(0)

SLやまぐち号

2016/06/18 Sat 23:02



梅雨の晴れ間、息子の大好きなSLやまぐち号を見に行きました。

マニアックな撮影ポイントもあるのですが、ゆっくり見られる駅にすることに。
一番近いであろう仁保駅へ向かいました。

ここは無人駅で着いてから知ったのが、山の登りに入るところになるので、6分ほど停車して石炭を積めるんだと。
ちょっとこれは面白そうだと期待大に。






こんなにたくさん石炭を積んでいます。
これをボイラー室で炊きます。


いやー、きかんしゃトーマスの世界!!






「貴婦人」との愛称もついているらしい。
客車も人がいっぱいで、停車駅ではみんな降りて写真を撮りまくっていました。



出発するときの煙、汽笛は大迫力すぎて、息子の耳をすぐ塞ぎました。
鼓膜が破れるかと思うくらいの大きさです。


これはまた見に来たいと思いました。
乗っても楽しそう。






臨月に入り、急に股関節のハマりが悪いような感覚が増えました。
出てくるのはもうちょっと待っておくれ~。
未分類 | コメント:(0)

里帰りトリミング

2016/06/17 Fri 23:04



元々土曜日に予約していたのですが、いつか見に行きたいSLやまぐち号が運行しているのが土日のみで、トリミングのために行けなくなるのももったいないので、金曜に変更しました。
急な変更だったため、最初のお店は変更できず、タウンページで探して見つけました。

田舎だとHPを持たない小さな店がほとんどでネットで調べてもヒットしなかったので、アナログなタウンページがとても役立ちました。

子育てサロンの保育士の先生が、マルチーズを飼っているのでワンコ話をよくしているのですが、先生行きつけのお店は、オーナーが私と同じ7月に出産予定で今月から産休に入ってるんだと。
どうしようかしらーと先生もお悩み中。

あと2回はこっちでトリミングすることになりそう。

どこも新規でいろいろ開拓してみるかな。





スッキリしました。









また、私は今日35歳の誕生日だったのですが、じじからプレゼントをもらいました。











私の誕生日をダシにした、自分が遊びたい&孫もうれしいトミカのハイパーなんちゃらシリーズです。

ネットでこういうのを買うのがじじは好きです。
私も一昔前はこんなのだった気がします。


今回は里帰りもしているので、欲しいものはあるか?と聞かれたので遠慮なく埼玉で使うホットプレートが欲しいとおねだり中です。

しばらく外食も難しくなるので、大きなプレートでパンケーキやらお好み焼きやら、家でも楽しく食事ができるアイテムを考えていたのです。
もう、私欲はありませんね。
出産までに本場インドカレーを食べておきたいな、ぐらい。
食べることばっかりですな!
未分類 | コメント:(0)

ママをひとりじめ

2016/06/10 Fri 20:44



蚊帳を張ったお布団部屋にベビーベッドをセットしました。

息子は赤ちゃんが生まれる前から、完全に赤ちゃん返りしていると思います。
ママの口をなめ回してきたり、背中にくっついてきたり、ベタベタのスキンシップを求めてきます。







予定日まであと34日。
けど、一人目同様早く生まれる気がするので1ヶ月は切ってるんじゃないかな。




ひとりっ子生活も残りわずかなので、たっぷり甘えさせてあげるとするか。




マタニティ(第2子) | コメント:(0)

大暴走の二人

2016/06/07 Tue 23:44


じじの椅子を独占するあんちゃん。



息子は完全に実家に慣れて、2歳男児パワーが日増しに強くなり、自宅にいる頃より更に暴れっぷりが激しくなっています。

言葉(単語)がまだまだなこともあってか、奇声を発しながら家の中を走り回り、ジャンプしたり、その場で回転したり、まぁ、本当にやかましいです。

さらにじじが帰ってきたら、あんちゃんも大暴走を始めてもう大運動会状態。


犬も子供も、ギャラリーが多いとより興奮するタイプ。




最近の言葉の成長。
「あっ」から「あーんー」と言うように。

「ん」まで言えるようになりました。
未分類 | コメント:(0)

太る里帰り妊婦

2016/06/01 Wed 23:11

今日は体重血圧測定など含む検診。

2週間前の埼玉での検診時より、2kg増!


「みんな実家帰ったら太るんよ、料理も美味しいし、たくさん出るやろ?お母さんに余計なことするなって言うちょかんといけん。」
と先生。

埼玉だと服の分として、-1kg測定だったのもあるけど、そうだとしても、2週間で1kg増はよろしくない。


そんなに暴食はしてないのに、息子の世話、家事量が格段に減っているので、エネルギー消費が少なくなってるんだろうな。
毎日レーズンだらけのパンを焼いていたり、妊婦に優しくない環境だけど、私はしっかり自制してこれ以上太らないようにしよう!





明日は産院の無料マタニティヨガに参加することにしました。
一人目の時は1,500円も払って参加してたんだよね。
タダなので、これから毎週行くようにします。
早速、ユニクロで運動できそうな服を購入。
メンズのLサイズのTシャツに、レディースのXLサイズのエアリズムジョガーパンツ。
MAXサイズでピッタリです(汗)


マタニティ(第2子) | コメント:(0)
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。